3か月半ぶりの那須…18/2/22

一昨日、去年11月初めに後にして以来久しぶりに那須に来た。
紅葉の季節から今は一面雪景色。 晴れててよかった。

公道はいつもの通りきれいに除雪してあったが、自分とこの私道は当然ながら誰も除雪しないのでかなり深い積雪。
20~30センチぐらいに見えたので、行けるところまで進んじゃおう、と車を乗り入れる。

駐車場は家の1階部分なので、その直前には屋根から落ちた雪が5,60センチの山になって固まっている。
その直前で車は進めなくなってしまった。

昼めし前なのに、そのままにして家に入ってしまう気持ちにもなれず、雪かき作業を始めてしまった。

元々、雪かきをしないと入れないことも想定して長靴と雪かきスコップも車に積んできていた。
しかし、車の下に雪が圧縮されてこびりついてしまったのは想定外で、車が動けるようにするには思わぬ時間が掛かってしまった。

足はフラフラ、背中は汗びっしょり。

今回、那須に来たのはこっちに置きっ放しの車の車検が切れそうなので、その対応をするのが目的。
だから、いつも連れてきているネコのお伴も無し、まったくのひとり。

その車を動かすため、もっと広い範囲の雪かきが必要で、昨日はそれでまた汗かいた。
バッテリーがダメになっていたので、とりあえず充電して黒磯のホームセンターまで走り、新しいバッテリーを買って交換した。
古いバッテリーは引き取ってくるるので助かる。


それから、車検を代行してくれる地元の自動車修理工場にお願いしてきた。
家も車も自分でできる修理は自分でやるのが好きで、以前車検も自分で車検場に、持ち込んだこともある。
この辺では大田原まで行かないといけない。
残り少ない自分の時間も大事なので、最近は車検は専門業者にお願いしている。

那須に来て3日目の今日、朝から晴天で部屋の中まで暖かい日差しが入ってきた。
灯油ヒーターは早めに止めて太陽熱だけに任せても室温は寒さを感じることなく2時ごろまでは大丈夫だった。

2階から雪景色を眺めていたらあちこちに、動物の足跡らしいのが見える。

これは鳥類かな?。

こっちは山ウサギかも?


生ごみを捨てるコンポストが雪に埋まっている。


そこに行く道も雪で閉ざされているので、3日目の今日、雪を掘って道をつけた。


ヤマガラやシジュウカラなどおなじみの小鳥がときどき飛んできて元気に飛びまわっている。
餌がなくて苦労してるんじゃないか、と気になったので、焼き芋の端っこを木の枝に引っかけておいてみた。

見つけてくれるかな?

今年も霜柱の力で軒先のコンクリート床が持ち上げられて、こんなにされてしまった。

雪が溶けても霜柱は出なくなっても、これは自然に元には戻らないので困っちゃうのだ。


ひとつ前の記事へ   次の記事へ   このページの先頭へ    トップページへ

2018年02月22日|ニュースのカテゴリー:その他, 山の生活