花だより…180315

このところ急激に暖かくなって春の話題が多くなった。

今日、テレビニュースでは今年初めてのソメイヨシノの開花宣言が高知県で出されたとのこと。
6輪の開花が確認できたと言っていた。

実は昨日、ずいぶん温かい日が続くので川越でも桜が咲いたりしてんじゃないか?と思って近くの中院(なかいん)に行ってみた。

自転車で行ったんだけど、駐車場の上にかぶさっている桜(多分ソメイヨシノと思う)が少し咲いていた。
この構図の中だけでも6輪以上咲いてるのがあるので、これがもし開花を見極める標準木なら、川越も開花宣言してもいいのかな?

ただ、この中院で一番目立ってきれいで有名なのは大きなシダレ桜なので、そちらを見るとまだ、全然咲いていない。

あと1週間から10日ぐらい後が見ごろなんじゃないか、という気がした。

春の花は我が家の周りでもいろいろ咲き始めた。 
これはボケ。家の東側の植え込み。


南側の駐車場入り口の雪柳も咲いた。

その上にはモクレンが咲き始めた。

裏の畑の横に椿が6本植えてあり、開花率5%ぐらいかな?


まだ花は咲かないけどヒヤシンスは今年も同じ場所でつぼみを膨らませている。

咲けば独特の良い香りがして春を実感させてくれる貴重な草花だ。

毎日庭を見るのが楽しみな季節になってきた。

 

ひとつ前の記事へ   次の記事へ   このページの先頭へ   トップページへ


 

2018年03月15日|ニュースのカテゴリー:その他, 里の生活