那須に来た…18/3/19

ネコ2匹だけ連れてひとり那須にきました。

白ネコのコユキは車に弱くて酔い易いんだけど、今日は走りだして10分程度でもうケージの中でゲボゲボ始めてしまいました。

まだ、川越の市街地を出たばかりです。
車を止めて、ケージの中をきれいにして、別の新聞紙を敷いてやります。

それから約10分後、今度はネコフンの匂いが立ち込めてきて、またも車をストップして清掃。
慣れてるので、手間は掛からないんだけど、ネコを片手に抱えてもう一方の手でケージの中を拭いたり、敷いてある新聞紙を交換したり。

コユキの方は自分がしてはいけないことをした、と自覚してるようでケージから出そうとすると怒られると思うのか「ギャーギャー」鳴いて抵抗します。

いつものことで、なだめてもこの状態のときは簡単には静まらないので、さっさとやること済ませてケージの中に戻してやるしかありません。

吐いて、フンして、後はおしっこをいつするかだなあ、と思いながら走らせてると、なんとまたも約10分後にやらかしました。
ケージの前の方を少し高くしてあるので、敷いてある紙が濡れてない前の方に寄って小さくなってるのがかわいそうです。

安全に止められる場所までちょっと我慢してもらったけど、3度目の清掃してやりました。

自分のせいなのに、ケージに戻すとき「フー!」と威嚇するような声出して「まったくもう」みたいな態度です。

出すもの3セット出し終わってすっきりしたのかコユキはその後腹ばいになってリラックスしてました。

もう1匹のネコ(ハナ)も、やはり車は嫌いなようで、大きな声で「ギャーギャー」鳴き続けるので、うるさいんだけど吐くことはないし、フンやおしっこも乗ってる間、ほとんどしないので、その点では助かります。

声がうるさいので、2列目シートが空いてても、その後ろの荷物室に居てもらってます。
この表情、自分だけ離されてるってことが不満のようでもあるけど、すぐ側で鳴かれるとこっちもたまんないので仕方ないねえ。

昼過ぎ現地に到着しました。
約3週間前、ここには雪が30センチ以上積もっていたけど、その後の暖かさでほとんど溶けてしまったようです。

雪かきして積み上げた場所2か所に少しだけ残ってました。

曇ってはいるけど、それほど寒さは感じません。
ネコ達にとっては5ヶ月半ぶりの那須ですが、ちゃんと記憶には残っているようで、早速いつも遊んでいた場所を少しうろついた後、自主的にネコ部屋に入っていきました。


荷物を降ろし、昼食をとり少し落ち着いてから、ネコ達を慰労してやる意味でネコ部屋のマキストーブに火をいれてやりました。

ハナは抱っこされたり人の近くに居たいネコで、私がストーブにあたっていると、足の上に乗っかってきます。
足の間を開けやるとやるとそこに入り込んできます。

車の中で遠ざけていた分、しばらく一緒に居てやりたいけど、ストーブの前は熱くて長くは居れれないね。

ネコ部屋の外でフキノトウ一つ見つけました。

食べると春らしい香りが最高なんだけど、1つじゃしょうがないので、明日付近を少し探してみてあと3~4個見つかったら採取しようかな。

ひとつ前の記事へ   次の記事へ   このページの先頭へ   トップページへ

2018年03月19日|ニュースのカテゴリー:ネコ関係, 山の生活